家庭教師とは

家庭教師やらないか

+ 家庭教師のイロハ +


俺の名は、阿部高和という。これから家庭教師に対するイロハをおしえてやるぜ。よろしくな。
まずは家庭教師とは何かということを説明しておこう。

家庭教師(かていきょうし)とは、主に小学生から高校生に対して、(小学校受験の家庭教師もいる)家庭で勉強を教える私教師である。国家資格ではない。学習塾などと同様に、学校の授業の不足を補ったり、受験勉強を指導して志望校に合格させたりするために依頼されることが多い。 大学生や社会人が学業・本業の傍らにアルバイトで行なう場合もあれば、職業として専業(プロ家庭教師)の場合もある。



+ 家庭教師の概要 +

特別に家庭教師そのものを定義した法律と言うのは存在しないが、特定商取引法(特商法)における事業者サービスとしての定義によると、「学校(小学校および幼稚園を除く)の入学試験に備えるためまたは学校教育(大学および幼稚園を除く)の補習のための学力の享受(いわゆる学習塾以外の場所において提供されるものに限る)」とされている。少し内容が難しいと思うが、特に問題はないな?次に行くぞ。

家庭教師事業者は、いわゆる家庭教師センターと呼ばれる法人の派遣会社が主体であり、日本においては、専らこの法人派遣会社が家庭教師を仲介、または派遣することが主流である。 その他一部ではあるが、産業区分で出版社に分類される教材販売事業者が家庭教師サービスを提供していたり、個人営業で生徒を募集している個人事業主であったり、インターネット上で個人契約を斡旋する、法人派遣会社と個人事業主の中間形態としての情報サービスもある。

塾などを含めた小中高校生の受験または補習を目的とした、すべての学習サービス全体において、家庭教師が占める割合は数%程度である。