受験にも強い優秀な家庭教師とは

家庭教師やらないか

+優秀と感じる家庭教師について+


家庭教師のバイトを始めるんだったら、親御さん、生徒両方に優秀な家庭教師だと思われたいよな。

ここでは、優秀な家庭教師像について、俺の経験を踏まえて説明していくぜ。

いいか、俺の大事な言葉だ。言葉の一滴たりとも聞き逃すんじゃないぞ。

+優秀な家庭教師の条件とは+

優秀な家庭教師の条件とは何か?といっても、一概にそのような条件、基準をあげることはできないんだなこれが。

それは、さまざさま生徒、親御さんがあって「受験に合格したい」など個々さまざまな理想の家庭教師像が存在するからだ。

そこでだ、ここでは優秀な家庭教師の条件として最大公約数的な条件を3つ挙げてみようと思う。

 

+生徒の成績をあげる+

まず、家庭教師という以上、やはり一番の実力の発揮する場所は生徒の学力の向上・受験の対策に寄与することだろう。親御さんとしても生徒の学力向上を願って家庭教師を依頼するケースが多いはずだからな。

また、家庭教師として一番やりがいや達成感が感じられるのも生徒の成績が上がったときや志望校の受験で合格したときなんだ。生徒からも親御さんからも感謝され、家庭教師としてこれほど冥利につきることはないと思う。

したがって優秀な家庭教師の一つ目の条件は、生徒の成績向上に寄与することだと俺は思う。

+ 人間力 +

二つ目の条件として、生徒の話をよく聞いてあげられることだな。よく家庭教師は勉強さえ教えればよいのだと思っている教師が多いのだが、実は生徒は自分の話を教師に聞いてもらいたいと思っていることが多いのが現実なんだ。

学校での出来事や成績の悩み受験のこと等々、比較的年齢も近い家庭教師は学校の先生や親御さんよりも相談しやすい相手として期待されているってことだ。その意味で、家庭教師には学力、指導力と共に人間力が求められていると言えるんじゃないかな。

+ 社会人としての常識 +

三つ目の条件は、社会人としての常識があること。家庭教師は学生である場合が多いのですが、学生のうちから「先生」と呼ばれる職業だ。

よく考えてみると、不思議な感じがしないか?20歳前後の社会的に見れば若者である者が「先生」と呼ばれのだ。特別な職業だと言えるな。

「先生」と呼ばれるにふさわしい責任、行動をとらなくてはならない。電話の受け答えやご自宅にうかがった際の挨拶など恥ずかしくない対応をしたいところだな。授業への遅刻などには特に注意をすべきだ、授業中の携帯メールなど非常識と思われる行動はくれぐれもとらないようにすることが大切だ。

別にホテルマンのように正装で言葉使いもきれいにするわけでもないののだから緊張する必要はない。自分なりに誠意ある態度を心がけていれば相手にも好印象をもってもらえるんだからな。